ボトックス治療の心得【事前リサーチをして確認する】

注射の特徴を知ろう

顔に触れる女性

効果や注射時の痛み

顔のあちこちにできるシワは、ボトックス注射一本ではっきりわかるほど改善することができます。ボトックス注射は、様々なシワに効果があることで知られている美容整形外科クリニックのプチ整形の一種です。目尻の小じわやアゴの梅干しじわ、眉間の縦じわなどは、老け顔に見られてしまう一因です。しかし、ボトックス注射を数か所に打てばなくなるので、容姿が一気に若々しくなります。傷跡が残らず、痛みもほとんどないお手軽にできる注射です。ボトックス注射の成分ボツリヌストキシンには、一時的に神経伝達物質を抑制し、しわを作りだす筋肉を収縮する働きがあります。そのため筋肉の動きによって形成されるしわに大変大きな効果があります。また、若返り効果だけではなく、美肌効果もあるのがボツリヌストキシンの凄いところです。美肌効果を得るためにボツリヌストキシンを注射することを、マイクロボトックスといいます。皮膚の浅いところに注射をすることで細胞が活性化して毛穴が引き締まり、きめが整ってなめらかな肌触りになります。注射が苦手という人にとって、ボトックスを皮下に打つときの痛みが気になるところです。痛みの度合いについては、注射をする成分の種類と注射をする医師や看護師のスキルによって左右されます。品質がしっかりしているボトックス注射ほど、麻酔をしなくても痛みがないと言われています。日本の厚生労働省の認可が下りているボトックスは、高品質で安全性が高く、ほとんど痛くなく注射ができます。逆に品質があまりよくないと、注射をしたときに痛みを伴います。しかし、その場合は患部にあらかじめ麻酔テーマなどを貼り、感覚を麻痺させてから注射をしてくれるので安心です。注射が上手な医師や看護師さんもいれば、苦手な人もいます。上手な人にあたれば痛みが少なく、また効果も高くなります。注射が上手か下手かを見分けるポイントは、クリニックのボトックス注射の症例数です。基本的に数が多いほどスキルが高いので、注射をするのが上手です。ホームページに症例数を記載しているクリニックが多いので選ぶ際の参考になります。